あわら湯のまち『御菓子司 浅野耕月堂』ほろりと溶ける松乃露

この記事は約 3 分で読めます

こんにちは。ゆろぽんです。北陸福井の旅、2日目の夜。えちぜん鉄道あわら湯の町駅から徒歩5分ほどの場所にある和菓子屋さん『御菓子司 浅野耕月堂』(あさのこうげつどう)とても素敵な和風建築の建物にほのかな明かりが灯っていました。

この日の夕方、ホテルにチェックイン後、ホテル売店が閉まっていたので、どこかお土産屋さんがないかな~と探していると、すぐ近くにこちらのお店を見つけたのです。

 

浅野耕月堂

 

緑色の松のれんが目印です。

 

 

お店に入ると看板商品の松乃露(まつのつゆ)の試食を頂きました。明治32年(1899年)こちらの初代久太郎さんが松露(しょうろ)という松林の砂浜に自生する幻のキノコを模して作った和菓子なのだそうです。松露の画像を検索してみると本当によく似ていて、ころりとしたマッシュルームのようでした。

 

材料はとってもシンプル。お砂糖と卵白、そこにコーヒーの粉がかかっているそう。当時のお菓子の材料にコーヒーの粉を使用するなんて、なかなか思いつきませんよね。

 

サクッと食べたら口の中でほろほろっと溶けてゆきます。とても上品で緑茶にもほうじ茶にも、紅茶やコーヒーにも合いそうです。あの昭和天皇も芦原温泉にお越しになったときに、旅館で出された松乃露(まつのつゆ)をお代わりされて、おみやげにもされたとか。

 

松乃露  小箱(1箱16粒入り)432円(税込)材料は、お砂糖・鶏卵・粉末コーヒー

 

 

  • 松乃露  小箱

    16粒入り小箱 x 4箱入り 1,620円(税込)

    16粒入り小箱 x 8箱入り 3,240円(税込)

 

 

こちらの赤い箱は、湯の花せんべい(なべや菓舗

 

 

湯の花せんべいは、麦の粉、砂糖、玉子を練り上げ、とろ火で一枚一枚焼き上げた手焼の手づくりせんべい。こちらのおせんべいは、おもに芦原温泉のお土産屋さんや旅館などで販売しているそうです。左:16枚入り950円、右:10枚入り650円

 

芦原特産  手焼き 湯の花せんべい

なべや菓舗  

住所:あわら市温泉5-1403

TEL: 0776-77-2626

営業時間: 8:00~18:00

定休日: 火曜日

 

 

今回購入したのは、湯の花せんべい 650円と松乃露数量限定お徳用袋 1,100円(およそ小箱6箱分の量が入っているそうです)。店頭には置いてありませんので、ご来店の際はお店の方に在庫があるか聞いてみてください。もしあればラッキー!たくさん入っていてとてもお得ですよ。

 

※お取り寄せは電話のみですので、送料やお支払い方法などの詳細をご確認ください。

(お徳用袋の電話注文が可能かは確認しておりません)

 

お店情報

御菓子司 浅野耕月堂

  • 住所:福井県 あわら市 温泉 4-916
  • 交通手段:えちぜん鉄道あわら湯のまち駅より徒歩5分
  • 公式HP:http://kougetsudo.net/
  • 営業時間:8:00~20:00(売り切れ次第閉店)
  • 日曜営業
  • カード:可
  • 定休日:火曜日
  • 駐車場:あり
  • 創業1899年
    • TEL:0776-77-2035(予約可、電話注文可)
    • 送料などはお店までご確認ください。

 

こちらの記事の内容は、201812月に来店したときのものです。ご参考としてご活用下さいませ。最新の情報や詳細は、お店HPなどでご確認ください。

 

あわせて読みたい
記事はありませんでした