カテゴリー:小江戸川越

小江戸川越の老舗『いちのや』のうなぎを食べに行く

ゴールデンウイークどこに行こう~?毎年のことですが、どこも混んでいるので、あえて予定は立てない事が多いのです。このところの体調不良もあって、ほんとに何も予定のない状態。

 

・・・こんなときのSNSって良くないですね。みんながどこどこ行って来たよ~なんて毎日のようにご報告を受けていると、なんだか家にいるのがもったいないような気持ちになってきます。お天気も思いのほか悪くない、せめて1日くらいはお出かけしたいなとうずうずしてきました。

 

近場で日帰りできそうな場所を探してみる。

 

そういえば先日、義父が川越に行ってみたいと言っていたなあ。

そうだ、下見も兼ねて「川越だ!川越に行ってみよう〜よ~」と旦那さんに言うと。

「そうだね!うなぎを食べに行こう」と即、返された。

 

やっぱり川越といえば、”うなぎ”なんですかね。

”川越、うなぎ”で検索して最初に出てきたのが『いちのや』さんという天保3年創業(1832)老舗のうなぎ屋さんでした。

 

 

▲古い大きなお店です。

 

 

▲うなぎのイラストが可愛いのれん。

 

 

▲駐車場の看板

 

HPに駐車場は40台とありましたが、この日は激混みで入れませんでした。別の場所にやっと車をとめて(駐車場が、どこもいっぱいで大変でした)お店に入ると入店待ちのお客さんであふれています。受付の用紙には名前がビッシリとページを2枚めくって真ん中辺りに記入。駐車場を探す前に書けばよかったです。

 

店員さんによるとここからだいたい2時間待ちのよう(このとき13:40頃)、、、。アトラクション並みの待ち時間。。。

 

ずっとここにいても勿体ないので、先に周辺散策と縁結びで有名な川越の氷川神社へ向かうことにしました。ゴールデンウィークと端午の節句とお祭りも重なって、細い通りはものすごい人混みです。

 

 

わたしは、蔵とか古い町並みを散策するのが好きですが、ここまで人が多いとは。小腹もすいたし何か食べようにもどこも大行列でした。またゆっくり平日にでも来たいな。15分ほど歩いたところ、行列も何もないお団子屋さんを発見!昔ながらの小さなお店です。

 

 

 

おだんご、おにぎり、芋ようかんの『もとや』さん。どれもリーズナブルでいろいろ食べたいけれど、うなぎも待っているし、ここはお醤油の焼き団子1本で我慢。

 

 

▲しょうゆ団子1本80円。焦げたところが香ばしく、しょっぱくてもっちりしていて手づくりの懐かしい味でした。

 

もとやだんごてん

7:00~19:00

木曜定休

 

〒350-0062 埼玉県川越市元町1丁目8−1

049-224-9890

 

埼玉県川越市元町1丁目8−1

 

 

氷川神社へ

 

 

川越の氷川神社は、想像していたよりも小さくて驚きました。中に入るとそれなりに広かったけれど。以前に行ったことのあるさいたまの大宮氷川神社がとても広くて大きかったので勝手に広~い神社を想像していました。

 

 

▲5月5日端午の節句、”きよはらえしょうぶ”と読むのですね。

 

 

▲目出鯛(めでたい)おみくじ300円。みんなで釣っていました。インスタ映えしそうです。ほかにピンクや白もありましたよ。

 

 

▲結婚式にも遭遇しました。さすが縁結びで有名な神社です。女性やカップルも大勢参拝に来ていました。見るだけでも”幸せのおすそわけ”してもらえたような気がします。

 

 

▲御朱印をいただきました。御朱印代500円、、ちょっとお高めです。あともう一つあるようでしたが、それは今度来たときに頂こう。

 

【参考】

小江戸川越観光協会HP

http://www.koedo.or.jp/

(駅の観光案内所で配布している川越周辺マップがダウンロードできます)

川越氷川神社

http://www.kawagoehikawa.jp/

続きを読む