『台湾料理 八福』新守谷でお値打ち価格の中華ランチ

この記事は約 7 分で読めます

台湾料理 八福をご紹介します。

 

台湾料理 八福

 

こんにちは、ゆろぽんです。

 

台湾料理 八福は、新守谷駅から徒歩で20分ほどの場所にあります。

 

 

contents(目次)

閉じる

台湾料理 八福の営業時間

ランチ
11:00~14:30
ディナー
17:00~23:30
定休日
無休
駐車場
あり

※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

 

台湾料理 八福の内観

 

 

オレンジや赤の明るい店内。ファミレス風のテーブル席です。

 

 

台湾料理 八福のメニュー

 

 

ランチメニュー

ランチタイムのラーメンセットは750円。ラーメン8種類とごはん物9種類を自由に組み合わせ出来ます。

 

これがなんと!半ラーメンでも半チャーハンでもない1人前くらいの量があります。2人でセットでもいいくらい。

 

 

定食メニューも豊富で、中華料理の定番おかずとごはん、スープの組み合わせです。

 

ライスは大盛り無料。お替わりも一回無料!しかも+100円でミニラーメンやドリンクが付けられます。

 

  • 八福セット  750円
  • 餃子ランチ  750円
  • 麻婆豆腐ランチ  750円
  • ホイコーローランチ  750円
  • 鶏の唐揚げランチ  750円
  • 酢豚ランチ  750円
  • エビチリランチ  750円
  • お子さまセットA(ラーメン)650円
  • お子さまセットB(チャーハン)650円

 

などなど。価格帯は750円から1,080円まで。

 

 

選べる生ビールセット

 

お酒とおつまみのセットもリーズナブル。生ビールやサワーなどのドリンク1杯とおつまみ2品で1,080円です。+350円でラーメンや炒飯なども1品追加できちゃいます。

 

選べるおつまみ:枝豆、ねぎチャーシュー、棒棒鶏、キムチ、台湾風冷や奴、野菜サラダ、チーズ春巻、鶏の唐揚げ、ポテトフライ、揚げウインナー、油淋鶏、麻婆豆腐、チンジャオロース、ほうれん草炒め、八宝菜、エビマヨ、ニラレバ、豚肉とニンニクの芽炒め、揚げ中華まんじゅう、焼き餃子などなど。

 

 

コースメニューやオードブルもボリュームがありそうですよね。

 

 

お持ち帰りメニュー

お弁当各種600円

  1. 麻婆豆腐弁当
  2. 八宝菜弁当
  3. 青椒肉絲弁当
  4. 回鍋肉弁当
  5. レバニラ弁当
  6. 鶏の唐揚げ弁当
  7. 肉野菜炒め弁当
  8. 豚肉とキムチ炒め弁当
  9. 酢豚弁当
  10. 豚肉きくらげ玉子炒め弁当

などなど。

 

※写真のメニューや価格は2021年6月の情報です。ご参考としてご活用下さいませ。詳細は公式サイトなどでご確認ください。

 

ボリューム満点!ラーメン&ごはん物セットと海鮮入り八宝菜の定食ランチ

 

 

「焼き餃子(6個)」350円

 

ぷっくり大きな餃子にお肉や野菜の具材がぎゅっと詰まっていました。

 

 

あれ?ぎょうざのタレの中身はお酢かな?

 

 

ランチタイムの「ラーメンセット」750円

 

ミニ丼かと思いきや、普通に1人前の量がありました。

 

 

ラーメンセットの「ネギ叉焼味噌ラーメン」

 

味付けは、八角かな?少し香りのある台湾風スープ。もしかしたら苦手な方もいるかもしれません。

 

 

 

ラーメンセットの「中華丼」

 

具材は、海老や白菜、豚肉、きくらげ、うずらの卵などでお醤油味です。

 

 

「塩味海鮮八宝菜セット」880円

 

海老、ホタテ、イカ、ブロッコリー、ヤングコーン、きくらげ、人参など野菜も海鮮も盛りだくさん。

 

 

冷や奴、漬物、ミニデザートの杏仁豆腐と酸辣湯スープ付き。

 

 

八宝菜の味付けは、ちょうどいい塩加減で日本人好みだと思います。個人的にブロッコリーときくらげが好きなのでたくさん入っていて嬉しい。

 

彩りの良いおかずは、目にも楽しくてごはんも進みますよね。

 

ごちそうさまでした。美味しかったです。お腹いっぱい!また伺います。

 

\ほか記事もぜひ!/

 

台湾料理 八福の店舗情報

関連ランキング:台湾料理 | 新守谷駅小絹駅

 

※こちらの記事の内容は2021年6月に来店したときのものです。ご参考としてご活用下さいませ。最新の情報や詳細は公式サイト、予約サイトなどでご確認ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリック頂けますと励みになります!
にほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ
あわせて読みたい