低温調理器で『ローストビーフ』絶品すぎる美味しさ!おうちごはんがゴージャスに

この記事は約 9 分で読めます

低温調理器を購入したのでさっそくローストビーフを作ってみました!

 

ローストビーフ

 

こんにちは、ゆろぽんです。

 

以前から欲しかった低温調理器ですが、取り扱いはむずかしいのかなあ?できるかしら~?と購入するのをためらっていました。

 

買って使ってみてびっくり!

 

低温調理器といえば代表的なメニューはやっぱりローストビーフですよね。初めてなのに想像以上に簡単!しかもお店みたいに美味しくできました。

 

躊躇せずに早く買えばよかったです(笑)。

 

今回は、サニーレタス、玉ねぎ、赤、黄パプリカ、人参のうす切りなどをサラダにして出来上がったローストビーフをたっぷりと乗せてみました。

 

クリスマスやパーティーメニューにも大活躍!失敗知らずの美味しいレシピです。

 

低温調理器でローストビーフのつくり方

 

こちらのレシピはアイリスオーヤマの付属レシピ本を参考にして作りました。まずは、低温調理器、ポリ袋、鍋を用意します。

 

材料

牛ももかたまり肉
500gくらい
塩、こしょう
適量
にんにく
すりおろし又はチューブ
ローリエ
1枚
砂糖
大さじ2
しょうゆ
大さじ2
赤ワイン
大さじ2
玉ねぎ
1/2個、みじん切り

 

①鍋に水を入れて低温調理器の温度を57℃、3時間にセットします。

 

 

②「オーストラリア産牛ももローストビーフ用かたまり肉」476gを使用。お湯の温度を上げている間に下味を付けます。お肉の水分をキッチンペーパーで拭き取り、ポリ袋に肉入れ塩こしょう、にんにくすりおろしを揉みこみます。

 

 

この粗びき塩こしょうにハマっています。とっても美味しいのでおすすめです!

 

アイリスオーヤマ低温調理器

 

 

③お湯の準備ができたら空気を抜きながら、ポリ袋を沈めます。

 

ジップロック フリーザーバッグ M 90枚入(44円 / 枚)

 

 

食品用ポリ袋 80枚 冷蔵・冷凍から湯せんまで(5円 / 枚)

 

 

 

 

袋はクリップなどでとめるか結んで鍋に固定しています。ジップロックなら沈めてしまっても大丈夫です。

 

④3時間経ってピピっと鳴ったら、袋から取り出して熱したフライパンにサラダ油を入れ、肉の表面に焼き色を付けます。

 

⑤焼き色がついたら、保存容器などに肉を入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫でひと晩置きます。

 

⑥肉を焼いたフライパンにポリ袋に残った肉汁、砂糖大さじ2、しょうゆ大さじ2、赤ワイン大さじ2、玉ねぎのみじん切りを入れ炒め煮してソースを作ります。

 

できあがったローストビーフは薄切りにしてソースをかけ、食べきるようにしています。

 

  • ローストビーフサラダ
  • ローストビーフサンド
  • ローストビーフ丼
  • ローストビーフ寿司
  • ピンチョス風オードブル

 

など、いろいろアレンジして食べたいです。副菜にマッシュポテトアボカドクレソンなどを添えると相性がいいです。

 

 

 

わが家では、アイリスオーヤマの低温調理器を使用しています。

 

 

※こちらの記事の内容はご参考としてご活用下さいませ。低温調理器についての詳細や使い方は、メーカーの公式サイトなどでご確認ください。