アイリスオーヤマの低温調理器でしっとり自家製『サラダチキン』

この記事は約 9 分で読めます

アイリスオーヤマの低温調理器を購入したのでサラダチキン(鶏むねハム)を作ってみました!

 

こんにちは、ゆろぽんです。

 

低温調理器があれば、自宅で簡単にサラダチキン(鶏むねハム)が作れちゃいます。

 

contents(目次)

閉じる

低温調理器で『サラダチキン(鶏むねハム)』のつくり方

 

こちらのレシピはアイリスオーヤマの付属レシピ本を参考にして作りました。

 

用意するもの

低温調理器、耐熱のジッパー袋またはポリ袋、大きめの鍋

 

材料

鶏むね肉1枚
200gくらい
ローズマリー
1本
2g

 

つくり方

  1. 鶏むね肉に、塩をすりこむ。
  2. ジッパー袋に①の鶏肉とローズマリーを入れる。
  3. 大きめの鍋に水を入れ、低温調理器の温度を67℃、90分に設定します。
  4. 設定温度になったらピーっと鳴るのでポリ袋の空気を抜きながら鍋に沈めます。
  5. 90分後、再びピーっと鳴ると調理が終了。
  6. 鶏肉を取り出し、余分な水分を拭きとります。
  7. 粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、食べるときに好みの大きさにスライスします。

 

アイリスオーヤマ 低温調理器

 

ここからレシピは少し自己流も入っています。

 

横着なので、今回は鶏むね肉2枚分(500gくらい)で作りました。

 

鶏肉は余分な脂身を取りのぞいて、真ん中に切れ目を入れ、なるべく均等な厚さになるようにします。

 

ジップロックまたはビニール袋に鶏肉2枚と塩小さじ1(5g)を入れ、刷り込みます。

 

ローズマリーが無かったので家にあった乾燥ハーブ(オレガノやバジルなど)を一緒に前日に漬けて冷蔵庫に入れておきました。

 

 

レシピでは、低温調理器の温度を67℃、90分に設定して温度が達したら鶏肉を入れますが、今回、鶏肉が大きめで深部の温度が上がるまでに時間がかかりそうで、セットしたときに入れてしまいました。

 

これからの季節、特に食中毒には気を付けたいです。

 

 

使用しているのはジップロックより激安な、食品用ポリ袋 80枚 冷蔵・冷凍から湯せんまで(5円 / 枚)

 

 

とにかく安いので、漬け込みや保存調理などにじゃんじゃん使ってます。

 

 

お湯の蒸発を防ぐため、蒸し器で使ったせいろ用の紙に切り込みを入れて蓋をしました。

 

 

出来ました♪このまま粗熱が取れたら、保存容器に移して冷蔵庫へ。

 

お野菜たっぷり『冷たいサラダうどん』に乗せて!

 

 

低温調理器で、安い”鶏むね肉”が、と~ってもやわらかくてしっとりした”自家製サラダチキン”に♪

 

今回は野菜とチキンを薄切りにして「冷たいサラダうどん」にしました。胡麻ドレッシングや中華ドレッシング、麺つゆなどお好みの味付けでいただきます!

 

アレンジレシピ

  • チキンサラダ
  • サンドイッチ
  • カオマンガイ
  • バンバンジー
  • 耐熱容器に鶏肉、トマト、アボカド、チーズを乗せてオーブントースターで焼く

などなど。

 

わが家では、アイリスオーヤマの低温調理器を使用しています。

 

 

 

※こちらの記事の内容はご参考としてご活用下さいませ。低温調理器についての詳細や使い方は、メーカーの公式サイトなどでご確認ください。

 

あわせて読みたい