手づくり『ハンバーグ』はフードプロセッサーで楽らく

この記事は約 6 分で読めます

唐突ですが、フードプロセッサーって使っていますか?

 

こんにちは、ゆろぽんです。

 

私は、いままで使ったことがなかったのです。数年前に親戚から頂いたことがきっかけで使い始めました。(とはいえ頂いてからもけっこう長い間、飾ってありました。汗)

 

この『タイガー マイコンフードプロセッサー』は、みじん切りはもちろん、ハンバーグのタネやパン生地などもこねてくれます。(パン生地はまだ作ったことがありません)

 

ハンバーグのタネをボウルに入れてこねると手がベタベタになるし、手の熱で肉が温まってしまいます。でもこの『タイガー マイコンフードプロセッサー』を使うととても簡単に、しかも短時間でハンバーグの下ごしらえができちゃうお助け家電なのです。

 


 

しかもステンレス製のカップは軽くて丈夫で洗い切れがいい!洗いものは、このカップとフタ、刃の3つだけ。熱めのお湯で下洗いをして、あとは普通に洗剤で洗うだけなのでお手入れもらくらくです。

 

contents(目次)

閉じる

クリックするとその項目に飛びます。

ハンバーグの材料とつくり方

材料

 

合挽き肉
  • 500g
玉ねぎ
  • 1/2個
たまご
  • 1個
牛乳
  • 大さじ3
  • 小さじ1/2
  • コショウ
少々
  • ナツメグ
少々
タイム
乾燥、少々(なくてもOK)
※エリンギ
  • 1本(なくてもOK)
※冷やご飯
  • ひと握り、またはパン粉

※エリンギは、肌の水分量を保つというし、ヘルシーなのでかさ増しに、ときどき入れています。

※つなぎにはパン粉、またはちぎった食パンを牛乳に浸したものなどでもよいです。以前、テレビ番組でつなぎにご飯を使うとハンバーグがやわらかく仕上がると聞いたので、以来つなぎにはご飯を使用しています。

 

つくり方

 

1玉ねぎ1/2個をざく切りにし、フードプロセッサーのカップに入れます。たまご1個、牛乳大さじ3、つなぎに冷やご飯ひと握りも入れ、スイッチを押し混ぜ合わせます。

 

 

2合挽き肉500g、塩小さじ1/2、コショウ少々、ナツメグ、タイム(あれば)を加えて更に混ぜ合わせます。

 

 

3粘りがでるまでスイッチを押して混ぜ合わせます。

 

 

4バットに移して8等分。(4等分でもOK)

 

 

5フタをして冷蔵庫へ。少し冷やしておくと成形しやすいですよ。

 

 

小さめの8等分または、4等分好みの大きさのハンバーグを焼いてください。

 

ホットドッグ

 

焼いたハンバーグとタルタルソースをはさんで「ハンバーグドッグ」にしました。

 


 


 

このふた付きのバットも、とても便利です。

 

生姜焼きのお肉を下味をつけて冷蔵庫に入れて漬け込んだり、もちろん揚げ物をつくるときは、小麦粉、卵液、パン粉を入れて、天ぷら用にカットした野菜を入れたり、様々な用途に使えます。

 

食パンを切って卵液に漬けてフレンチトーストを作るときにも活躍しています。

 

\こちらもフードプロセッサーを利用しています/

 

※こちらの記事の内容はご参考としてご活用下さいませ。フードプロセッサーの詳細や仕様は、公式サイトなどでご確認ください。