ホットクックで本格『ミートソース』づくり

この記事は約 9 分で読めます

ホットクックで本格的な『ミートソース』が簡単に作れます。ナポリタン派だった私もホットクックを使い始めてからは、ミートソース派になってしまったほど。

 

ミートソース

 

こんにちは、ゆろぽんです。

 

おうちでつくるからたっぷりソースをかけて、満足度アップの贅沢ボロネーゼが食べられますよ。※ホットクックはKN-HT24Bを使用しています。

 

 

ミートソースの材料

ホットクックのメニュー集の倍量

玉ねぎ
1個
にんじん
 1本
にんにく
1かけ
合ひき肉
500g(写真は1kgなので半分使用)
トマトの水煮
2缶
薄力粉
大さじ3
ケチャップ
大さじ6
コンソメ顆粒
小さじ4(固形だと3から4個)
塩コショウ
少々
ローリエ
1~2枚
エリンギ
1本
  • ※エリンギはホットクックのレシピ集には入っていません。

 

 

ミートソースのつくり方

 

1 材料の野菜(玉ねぎ1個、にんじん1本、にんにく1かけ、エリンギ1本)は、皮をむいてぶつ切りにし、フードプロセッサーでみじん切りにします。

 

 

フードプロセッサーは下ごしらえに重宝します。「タイガー マイコンフードプロセッサー ボルドー 」は、カップがステンレスで洗いやすいのでお手入れも簡単なんですよー。

 

※ご自宅にフードプロセッサーが無い方は、包丁でみじん切りにしてください。

 

タイガーフードプロセッサー

 

ポイント①:フードプロセッサーはボタンを押しっぱなしにせず、こまめに何度も押していくととうまくいきます。

ポイント②:一度にたくさんの材料を入れると回らなくなるので2回に分けています。

 

2 みじん切りになりました。

 

 

3 みじん切りした野菜、合挽き肉500g、トマトの水煮2缶、薄力粉大さじ3、ケチャップ大さじ6、コンソメ顆粒小さじ4、塩コショウ少々をホットクックの内鍋に入れます。

 

スプーンなどでよく混ぜ合わせ、ローリエを2つにちぎって入れます。

 

ホットクック

 

4 混ぜ技ユニットを装着。

 

ホットクック

 

5 2-9でスイッチオン。2倍量なので30分~45分くらいかかると思います。

 

ホットクック

 

6 ピピーっと鳴ったら出来上がり!お玉でよく混ぜ合わせます。

 

ミートソース

 

こんな感じで!ご自宅で簡単に、本格的なミートソースが作れます。お好みで白ワイン、タイムなどを加えても香りがよくなりますよ。

 

特売の合ひき肉は脂味が多いので赤身の牛ひき肉を足して作ると更においしいです。

 

ミートソース

 

ナスのマカロニグラタン

 

出来上がったミートソースを使って、ナスのマカロニグラタンをつくってみました。

 

ナスのマカロニグラタン

 

耐熱皿にバターを塗り、茹でたマカロニ、ミートソース、焼いたナス、溶けるチーズを交互に乗せてオーブントースターで焼きました。

 

ミートソースにチリペッパーを混ぜて少し辛くしてもおいしいです。ホットクックは、マカロニやパスタを茹でるのも楽なのですが、写真を撮り忘れたのでまたそのうち追記します。

 

そうそう!ホットクックを購入したら、もうひとつ内鍋があると超便利ですよ!カレーを作ったときは特に重宝してます。

 

 

ご自宅のホットクックのサイズを必ず確認してお買い求めくださいね。

 

特売で買った1キロのひき肉、残りの半分でハンバーグを作りました/

 

わが家のホットクックは、購入してからほぼ毎日活躍中です。1.6Lの2~3人家族向けのサイズもあります。

 


人気の無線LAN機能付きの機種、メニューの検索が簡単でスマートフォンとも連携できます。次はこれを使ってみたいです。

 


 

これまでに作ったホットクックのレシピ

 

※こちらの記事の内容はご参考としてご活用下さいませ。ホットクックについての詳細や使い方は、公式HPなどでご確認ください。

あわせて読みたい