『カフェきょうぶんかん』銀座の老舗本屋さんにある小さなカフェ

この記事は約 5 分で読めます

銀座の老舗本屋さん教文館の4階にある『カフェきょうぶんかん』をご紹介します。。

 

カフェきょうぶんかん

 

こんにちは、ゆろぽんです。

 

教文館の4階、売り場から見えるこちらがカフェの入り口です。

 

平日の昼間に立ち寄ったので、店内は空いていて常連さん風の女性がちらほらとカウンター席などでお茶をしていました。

 

土日は混んでいるのかもしれませんが、もしかしたら穴場なのかも。窓からは銀座の街並みが見渡せ、ひとりでも入りやすいカフェです。

 

 

カフェ教文館の内観

 

カフェきょうぶんかん

 

明るい窓のそばのカウンター席が人気です。

 

 

店内では素敵なイラストの展示をしていました。

 

 

テイクアウトコーナー。

 

焼き菓子やドイツ、シュテルンターラーのグリューワイン(温めて飲むホットワイン)1,820円などが購入できます。

 

シナモンやオレンジを入れた甘いホットワインが好きです。寒い冬に飲みたくなります。

 

カフェ教文館のメニュー

 

メニューに軽食はありません。ケーキと焼き菓子、飲み物だけです。

 

 

きょうぶんかんブレンド580円(マグカップサイズは650円)ゆっくりしたいときにいいですね。アルコールにトラピストビール(ホワイトまたはブルー)800円というものがありました。

 

トラピストビールってなんだろう?

 

調べてみたら、ヨーロッパで流行したコレラ菌やペスト菌が生水から感染するのを恐れ、民衆にワインやビールを飲むことを勧めたことがきっかけで作られたそうです。長期保存できるようにアルコール度数も高いのだそう。

 

シメイ(ベルギー)のスクールモン修道院で作られたのが最初だとか。

 

修道院でビールの醸造をしていたことなど知りませんでした。クラフトビールが流行っていますがビールやワイン、お酒の歴史も知れば知るほど深いものがありますね。

 

 

ケーキセットは800円から。ばらの花のケーキが気になります。

 

 

テイクアウトコーナーにあったホットワイン(本のカタチのクッキー付き)です。

 

※写真のメニューや価格は変更になる場合があります。ご参考としてご活用下さいませ。詳細は公式サイトなどでご確認ください。

 

何にしようかな?

 

 

「エルダーフラワー」 560円を注文。

 

「生活の木」で薄めるタイプのものをよく購入していました。炭酸ドリンクがあることは知りませんでした。

 


 

エルダーフラワーはハーブの一種で、美白やリラックス効果、風邪やアレルギーの症状にも良いと言われているのですよね。

 

久しぶりに飲みましたがさっぱりとしていて飲みやすいです。

 

教文館は130年の歴史を持つキリスト教の出版物や絵本などを扱う本屋さんです。

 

素敵な便箋やしおり、海外の雑貨などに紛れてマリア様やクロス(十字架)なども販売されています。

 

カフェのメニューにも感じましたが、ひとつひとつ大切な思いで提供されているのかなと。

 

久しぶりに銀座を歩いたので、足が疲れてひと休み。『カフェきょうぶんかん』でリフレッシュしたので、もう少し歩きます。

 

\その他の銀座周辺の記事もぜひご覧ください!/

 

東京のおみやげには、JTBショッピング”東京のお土産人気ランキング”もおすすめ!

 

Cafeきょうぶんかんの店舗情報

関連ランキング:カフェ | 銀座駅銀座一丁目駅東銀座駅

 

※こちらの記事の内容は2019年2月に来店したときのものです。ご参考としてご活用下さいませ。最新の情報や詳細は公式サイトなどでご確認ください。

あわせて読みたい