浜松『うなぎパイファクトリー』行かなきゃ損!無料でおみやげ付きの工場見学

この記事は約 6 分で読めます

こんにちは、ゆろぽんです。

 

浜松といえばうなぎ!うなぎと言えばもちろんお土産の鉄板は”うなぎパイ”ですよね。うなぎパイの工場見学ができるうなぎパイファクトリーをご紹介します。

 

 

うなぎパイファクトリーの営業時間は?

見学
9:30~17:30(カフェL.O.17:00)
定休日
不定休

※こちらの情報は2019年5月時点のものです。

 

基本情報は下部にもあります。予約なしでも17時までに行けば入れますよ!

 

うなぎパイファクトリーのアクセス

 

アクセスは車でないときびしいかなという場所にありますが、駐車場は無料です。カーナビで「うなぎパイファクトリー」が検索されない場合「浜松市(西区)大久保町1347-5 浜松技術工業団地」をご指定下さいとのことです。

 

うなぎパイファクトリー

 

車をとめると最初に目に入る真っ赤なトラック。

 

うなくん号

 

「うなくん号」メニューは、「かき氷」「うなぎパイジェラート」「うなくんアイスもなか」など。テラス席があるのでお子さんのいる方も利用しやすいです。

 

 

 

駐車場側からの入り口です。館内に入ると甘~い香りがしてきますよ。

 

受付を済ませると記念品がもらえます♪

 

 

まずは、こちらの申し込み用紙に必要事項、人数などを記入して、受付のお姉さんに渡します。予約なしでもOKです!

 

工場見学の記念品

 

 

工場見学の記念品は”うなぎパイミニ3個入り”大人も子どもも、おひとり様ひとつもらえます♪ナッツと蜂蜜の入りの”うなぎパイミニ”は、食べやすいサイズで子どもからお年寄りまで大人気。

 

 

内観

 

うなぎパイファクトリー

 

工場の様子。うなぎパイがじゃんじゃん流れていきます。

 

 

 

写真スポット

 

 

大人より大きな「うなぎパイ」と写真が撮れちゃいます(日付も入る)。

 

うなぎパイカフェ  UNAGI  PIE  CAFE

 

 

 

照明にも「うなぎパイ」がずらり。

 

 

今回、時間の都合でカフェは入らなかったのです。これ食べてみたかったなー。

 

 

こちらは前回、2017年の春に来たときのメニュー↓

 

 

 

前回食べた期間限定の「うなぎパイスイーツうなぎパイV.S.O.P.の紅茶パフェ」950円と「うなぎパイのミルフィーユ仕立て」750円。

 

 

うなぎパイとバニラアイス、イチゴとカスタードソースがサンドされています。うなぎパイのざくざくとアイスを一緒に食べるとおいしい!これ自宅でもできますね。

 

 

あちらこちらに隠れミッキーならぬ隠れうなぎやうなぎパイが見つかります。

 

工場売店ではお徳用袋がお買い得!

 

ひと通り見学を終えて、一階の入り口にある売店でお買い物。

 

 

試食もたくさんあります!高級うなぎパイV.S.O.P.も!

 

 

↑この”チョコ”現地で試食したのですがおいしかったです!要冷蔵であきらめたのでお取り寄せしたい。

 

 

自宅用なら断然、うなぎパイミニのお徳用袋「うなぎパイ徳用」400円(税別)がお得です。家に帰ってあけたら、あっという間に食べちゃいました。おとなりのうなぎパイとサブレなど少しづついろいろ入った袋はおみやげに喜ばれそうです。

 

 


 

iPhoneケースやエコバッグなどグッズコーナーも充実。

 

 

うなぎパイファクトリー・基本情報

店名
うなぎパイファクトリー
  • 住所
静岡県浜松市西区大久保町748-51
  • 交通手段
カーナビゲーションで「うなぎパイファクトリー」が検索されない場合「浜松市(西区)大久保町1347-5 浜松技術工業団地」をご指定下さいとのこと。
詳細
  • 営業時間
9:30~17:30
入場料
無料
定休日
不定休
駐車場
あり(無料)
TEL
053-482-1765 (予約受付 9:00~17:00)

 

関連ランキング:カフェ | 高塚駅舞阪駅

 

※こちらの記事の内容は2019年5月に来店したときのものです。ご参考としてご活用下さいませ。最新の情報や詳細は公式HP、食べログなどでご確認ください。

あわせて読みたい