浜名湖『さくめ』肉厚っ初体験!希少な天然うなぎを食べてみた

この記事は約 3 分で読めます

こんにちは、ゆろぽんです。

 

浜名湖にある天然うなぎが食べられるお店さくめをご紹介します。

 

お店の場所は、天竜浜名湖線(てんりゅうはまなこせん)の「浜名湖  佐久米駅」と遠鉄バス「佐久目バス停」の目の前。ハイキングコース「奥浜名自然歩道」まで400メートルのところにあります。

 

平日の11時ちょっと過ぎ、お店に到着。駐車場はほぼ満車です。お店の方に聞くとぎりぎり1台停められるとのこと。すぐに店内入り口の用紙に名前を書いて外に並びました。

 

うなぎ さくめ

 

この日は木曜日で近隣のうなぎ屋さんが定休日のところが多く、それもあっていつもより混んでいたみたいです。並んでいて順番が近くなるとお店の方がオーダーを取りに来てくださるので、中ではそれほど待ちませんでしたよ。

 

 

店頭で採れたての甘夏やレモンが売っていました。佐久目産レモンが5~6個で300円は破格過ぎでしょう!

 

 

さくめの内観

 

 

待つこと20~30分。名前を呼ばれて店内へ。お店の中にカニとハゼのいる水槽がありました。壁にメニューがあって塩焼きなどにしてもらえるそう。

 

うな重メニュー

 

 

お待ちかねのうなぎは、養殖は枚数で、天然は大きさで値段が決まります。すべて肝吸いと漬物付き。(あっ!店頭のレモンも買います)特大7,200円は、2人で分けて食べることも出来るのかな?

 

天然うなぎのランチ

 

 

天然うなぎの中3,600円を注文しました。

 

 

身は、むちむちでぷりっとしていて肉厚。そして炭焼きのなんとも香ばしく、はじっこがカリッとしています。

 

 

タレも甘すぎずしょっぱ過ぎず、あっさりしていていくらでも食べられそう。天然うなぎは初めて食べたかもしれません。夫と「こんなことなら大でもよかったねー」と。

 

 

さっぱり肝吸いは口直しにもなって、お椀には大きな肝がひとつ入っています。

 

 

お会計のときに見つけた「うなぎの骨」これ!買えばよかったなー。お土産屋さんにも売っていたけど、こんなに太くなかったし、お値段も高かった。こちらの方が栄養価も高そうに見えます(なんたって天然だし)。浜名湖に来たらまた寄りたいです。おいしかったなーごちそうさまでした。

 

 

お店の横の石垣の前が沢になっていて、カニがいましたよ。写真は一匹ですが、たくさんいました。近づくとすぐに岩の間に隠れちゃう。

 

うなぎ さくめの店舗情報

関連ランキング:うなぎ | 浜名湖佐久米駅

食べログ

 

浜名湖  佐久米駅

 

さくめ』は「浜名湖  佐久米駅」前の道路を渡った目の前にあります。可愛い無人駅です。

 

冬期(12月~2月頃)にはゆりかもめが飛来し、駅なかの喫茶店『かとれあ』では、パンの耳が販売され、餌付け体験もできるそうです。もし冬の時期に来ることがあれば、うなぎの前か後にかもめと浜名湖を見ながらコーヒータイムもいいですね。

 

関連ランキング:喫茶店 | 浜名湖佐久米駅

 

※こちらの記事の内容は2019年5月に来店したときのものです。ご参考としてご活用下さいませ。最新の情報や詳細は食べログなどでご確認ください。

あわせて読みたい