『 シラノ』柏の入りにくいフレンチのお店。勇気を出して扉を開けて

この記事は約 5 分で読めます

にはフレンチのお店が多いのです。フレンチというだけでなんだか敷居が高そうなイメージですが、お手軽にランチから入ってみてはいかがでしょう。

 

こちら柏銀座通りにある『キュイジーヌフランセーズ シラノ』”シラノ”をご紹介します。

 

柏シラノ

 

こんにちは、ゆろぽんです。

 

外観からしてものすご~く入りにくいですよね。重厚なレンガ造りでドアも閉まっているし、中の様子が全くわかりません。やっぱりちょっと入りにくいかな。

 

でもちょっとだけ勇気を出して入ってみましょう。本格フレンチでゆったりと贅沢な時間を過ごせますよ。

 

 

contents(目次)

閉じる

シラノの営業時間

ランチ
11:30~14:30(L.O.14:00)
ディナー
17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日
月曜日
個室
1室あり(6名まで)

※こちらの情報は2019年9月時点のものです。

 

柏シラノ

 

白い看板の文字がフランクに誘っていますよ。

 

柏シラノ

 

お店の前にもこんな誘い文句が。それでもやっぱり、入りにくいなあと思った方はこちらもおすすめ。カジュアルなイタリアンバル『ヴィヴァーチェ』はシラノの姉妹店です。

 

 

シラノの内観

 

柏シラノ

 

やさしい笑顔の若きイケメン野口シェフがお出迎え。おひとり様はカウンター席に座ってシェフをひとり占めしてみては。

 

柏シラノ

 

テーブル席は赤と白のワインカラー。

 

柏シラノ

 

扉の奥にワインセラーが見えます。

 

柏シラノ

 

こちらの個室は6名までは入れるそうですよ。ぶどうのステンドグラスが素敵ですねえ。

 

柏シラノ

 

柏シラノ

 

さわやかなデトックスウォーターとランチドリンク500円~ワインは数種類が用意されていました。

 

柏シラノ

 

記念にいただいたメニューを忘れてきてしまいました(泣)

 

ランチコースは3種類から

 

柏シラノ

 

ランチコースは3つ。シラノ 2,500円、ロクサーヌ 3,500円、クリスチャン 5,000円(ランチはすべて税込)コースの名前は店名でもあるフランスの戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」の登場人物からつけられています。(2018年9月)

 

※メニュー内容は都度変更になります。ご参考としてご活用下さいませ。詳細は公式サイトなどをご覧ください。

 

 

お肉メインのランチコース

 

 

柏シラノ

 

 

柏シラノ

 

柏シラノ

 

カシスのレッドドームを割ると中からスモークの煙があがって、目にも楽しい演出です。ザクザク割って混ぜながらいただきます。

 

フォアグラ料理

 

 

フォアグラのポワレ フルーティーな巨峰のソースとのめぐり逢い

 

 

ポタージュ

 

お肉料理

 

 

 

ブラウンのキノコソースとお肉と同じ色のお花がアートなひと皿。

 

 

切ったところ、お花と同じピンク色ですよね。ソースもお肉もずっと味わっていたくて、ちびちび切って食べてしまいました。

 

デザート

 

 

カシスのデクリネゾン、パウンドケーキ・ムース・シャーベット。

 

 

カシスを使った5種類のスイーツとミントのお花が添えてありました。苦手でなければ、ミントを軽く噛んでから食べるとまた違った味わいになります。

 

食後の安らぎ

 

 

食後の飲み物は、オーガニックコーヒーまたはオーガニックハーブティー(すてきな化粧箱に入ったハーブティーの見本。お好みの香りが選べます)

 

 

甘いオレンジと爽やかなレモンの香りのカモミールシトラスをチョイス。

 

 

30秒~1分ほど蒸らします。

 

 

 

ディナーコースは5,000円から。ワインとアラカルトでバルのように、気軽に楽しんでみるのもOKですよ!

 

アラカルトメニュー

  • シェフに委ねる前菜盛り合わせ1,500円
  • 「赤坂プリンスホテル」仕込みのオムレツ800円
  • 国産牛ランプの自家製ローストビーフ 濃厚な雲丹を載せて2,500円
  • シェフのセンスが光るデザート盛り合わせ1,200円

など。※夜はすべて税別、テーブルチャージ別途ひとり500円

 

シラノも参加した柏のグルメイベント、ユルベルトの記事もぜひ!

 

 

2018年2月訪問のランチ

 

 

 

ピスタチオと塩の自家製パンとアミューズシェフからの小さな贈り物。

 

 

前菜

つぶ貝とウドのマリネ 柚子のジュレに乗せて

 

 

スープ

柏産かぶの優しいポタージュ

 

 

メイン

栃木産 日光ホワイトポークの肩ロースを低温ローストでシェフ野口の思い出のソース

 

 

デザート

自家製レアチーズムースとミルクのシャーベット濃厚な”苺ボール”と共に

 

 

添えられたエディブルフラワーも食べられます。お皿の色が変わるだけで雰囲気も違いますね。季節や月ごとに変わるメニューも楽しみ。

 

また伺います。

 

ごちそうさまでした。

 

\ほか周辺記事もぜひご覧ください!/

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ
にほんブログ村

 

シラノ(Cyrano)の店舗情報

関連ランキング:フレンチ | 柏駅

ぐるなび

※こちらの記事の内容は2018年9月に来店したときのものです。ご参考としてご活用下さいませ。最新の情報や詳細は公式サイト、食べログなどでご確認ください。

あわせて読みたい
トラックバック
トラックバックURL