『なごみの米屋 柏光が丘店』栗どら焼きとよもぎ塩豆大福

この記事は約 3 分で読めます

なごみの米屋 柏光が丘店をご紹介します。

 

なごみの米屋 柏光が丘店

 

こんにちは、ゆろぽんです。

 

なごみの米屋 柏光が丘店は、創業明治32年の成田市に本店がある老舗の和菓子屋さんです。千葉県内やショッピングモールに店舗があるので地元民にはお馴染みですよね。

 

私が初めて知ったのは(千葉県民じゃなかった頃)お土産でいただいた可愛くておいしい「ぴーなっつ最中」。それ以来「ぴーなっつ最中」は、とっても大好きなお菓子です。

 

 

contents(目次)

閉じる

なごみの米屋 柏光が丘店の営業時間

営業時間
9:30~19:00
定休日
無休
駐車場
あり

※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

 

なごみの米屋 柏光が丘店の和菓子

 

この日は、母がどら焼きが食べたいというので訪れました。

 

「母の日」だったのでこれとは別に日持ちする焼き菓子を買っていたのですが、和菓子が食べたかったみたいです。

 

なごみの米屋さんのどら焼きは3種類。春には季節限定の桜あんのどら焼きがあったそうです。

 

 

上段は「なごみどら焼き(粒あん)」160円、「なごみどら焼き(栗、抹茶あん)」各180円。

 

下段は「ぴーなっつ最中」「ぴーなっつ饅頭」「ぴーなっつパイ」「なごみみるく」各130円。

 

なごみの米屋 柏光が丘店

 

 

「塩豆大福」「よもぎ塩豆大福」各130円、「新茶まんじゅう」162円など。

 

 

5月初旬で「柏餅(つぶあん、こしあん、みそあん)」が並んでいました。2個入り324円。

 

なごみの米屋 柏光が丘店

 

要冷蔵の「生どら(小倉クリーム、抹茶クリーム、チョコクリーム)」各172円などなど。

 

ほかにもゼリーや羊羹、きんつば、季節限定品などたくさんの和菓子が並んでいました。

 

和菓子の賞味期限は、当日から1週間、2週間ほど日持ちするものもあるので、いろいろお土産にすると喜ばれますよね。

 

※写真のメニューや価格は2021年5月の情報です。ご参考としてご活用下さいませ。詳細は公式サイトなどでご確認ください。

 

”栗どら焼き”と”よもぎ塩豆大福”

 

この日は、母に頼まれた定番の「栗入りどら焼き」と自分が食べたかった季節のお菓子「よもぎ塩豆大福」を購入しました。

 

 

賞味期限は、大福が翌日までだったのですぐに食べて、どら焼きは2週間ほどあるので後日食べました。

 

よもぎの豆大福って初めて食べましたが美味しいですね。今の時期だけのようなのでまた来年も食べたいです。

 

もちろん栗入りどら焼きも美味しかった。

 

まだまだいろいろ食べてみたいのでまた伺います。ごちそうさまでした。

 

\ほか和菓子記事もぜひ!/

 

\ 最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリック頂けると励みになります!

 

なごみの米屋 柏光が丘店の店舗情報

関連ランキング:和菓子 | 新柏駅増尾駅南柏駅

 

※こちらの記事の内容は2021年5月に来店したときのものです。ご参考としてご活用下さいませ。最新の情報や詳細は公式サイトでご確認ください。

あわせて読みたい