牛久シャトー『神谷傳兵衛記念館』歴史ある建物を見学

こんにちは、ゆろぽんです。以前から行ってみたかった『牛久シャトー』。近くを通ったのでちょっと入ってみました。

この日は、イベントが開催されていて、園内とっても賑わっていました。秋の牛久シャトーフェスタ~肉の祭典!ワインとビールで楽しもう!~

 

牛久シャトー

 

入り口に今回のイベントの案内がありました。

 

 

ワインやビール、シャインマスカットの限定販売にスタンプラリー、抽選会など楽しそうです。牛久シャトーのレストランや近隣商店からは、美味しそうな肉のフードメニューが出店していて写真を見るとどれも美味しそう!

 

牛久シャトー

 

写真に写っていませんがフードもビールやワイン、ドリンクも長蛇の列です。ステージ横のテントは家族連れの方でほぼ満席。ご近所の方々が羨ましい~!

 

牛久シャトー

 

もう少し早い時間に来ないといけませんね。食べるのはあきらめて、神谷傳兵衛記念館を見学することにしました。

 

 

階段を上がると古い道具や写真などの展示がありました。そもそもこの建物が2003年に築100周年を迎え、国指定重要文化財に指定されています。補強はされているけれど、壁のレンガや床など頑丈に出来ていてびっくり。明治、大正、昭和、平成、そして次の時代へと突入します。現在も記念館(元は醗酵室)として使用されているのですから、素晴らしいです。

 

 

こちらの写真は、入り口の本館前(元は事務室)で撮られたのですね。

 

 

葡萄酒のポスター。ポストカードとかあったら欲しくなります。

 

 

酒屋さんの看板です。日本人には馴染みの無かったワインにはちみつなどを入れて甘く飲みやすくして改良して売ったそうですよ。そういえば傳兵衛さんは、電気ブランも考案しています。商才のある方だったのですね。

 

 

回転式沈静機”おり”を除くとき発生するガスをおさめるために使う機械だそうです。ビンの底のくぼみ、あげ底かと思っていたけれど、この機械のためのものだったのでしょうか?

 

 

別の建物に移動。こちらのスーベニアショップでは本日の試飲メニューが。甘口の巨峰ロゼを購入しました。

 

 

レストランキャノンのイベント「秋のデザートフェア」。唯一の祝日は満席でした。次回来るときは予約して、歴史的な建物の中でゆったりと食事を楽しみたいです。

 

 

駐車場横の収穫間近のぶどう畑です。

 

お店情報

神谷傳兵衛記念館(牛久シャトー内)

住所:茨城県牛久市中央3-20-1

交通手段:JR 常磐線「牛久駅」下車東口(シャトー口)より徒歩約8分

 

 

開館時間:10:00~17:00

定休日:無休(年末年始及び臨時閉館あり)

公式HP:http://www.oenon.jp/ushiku-chateau/

  • 駐車場:あり(有料)

TEL:029-873-3151(代)

 

こちらの記事の内容は、2018年9月に来店したときのものです。ご参考としてご活用下さいませ。最新の情報や詳細は、お店HPなどでご確認ください。

関連記事