『日光金谷ホテル』百年カレーランチ♪日常を忘れてタイムスリップ

この記事は約 5 分で読めます

日光金谷ホテルでランチをしたメインダイニングルームをご紹介します。

 

日光金谷ホテル

 

こんにちは、ゆろぽんです。

 

日光金谷ホテルは、明治6年6月開業。現存する日本最古のリゾートクラッシックホテルです。

 

ずっと入ってみたかった憧れの日光金谷ホテル。館内を見学したくて、2Fのメインダイニングルームを予約しました。

 

ホテル入り口に着くとホテルマンの方がすぐに声をかけてくださいます。ランチの予約をした旨を伝えると、

 

「ご確認いたします。○○様ですね・・・」とすぐに案内してくださいました。

 

 

クラシカルな回転式ドアーの玄関を入って2階に上がると、ダイニングルームの入り口です。真っ赤な絨毯、階段の手すりや調度品、窓から見える景色までが別世界です。

 

 

contents(目次)

閉じる

日光金谷ホテルの営業時間

 

 

朝 食
7:30〜9:30(L.O.)
ランチ
11:30~14:30(L.O.)
軽 食
11:30~15:00(L.O.)
ディナー
18:00~20:00(L.O.)
定休日
年中無休
駐車場
あり

※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

 

日光金谷ホテルのメインダイニングルーム

 

 

 

「迦陵頻伽(かりょうびんが)」上半身が人で、下半身が鳥の仏教における想像上の生物の彫刻の作品が飾られています。

 

 

予約していたので人気のテラス席に通されました。

 

日光金谷ホテルのメニュー

 

 

テーブルの上のデスクランプは、明治40(1907)年から現在まで現役です。

 

朝食メニュー

 

CONTINENTAL BREAKFAST  1,650円

  • オレンジ、トマト、パイナップル、グレープフルーツジュースまたはミルク
  • ミニサラダ
  • トースト(バター・ジャム添え)
  • コーヒーまたは紅茶

 

BREAKFAST  2,640円

  • オレンジ、トマト、パイナップル、
    グレープフルーツジュースまたはミルク
  • 卵料理
    フライド、スクランブル、ボイルドまたはプレーンオムレツ
  • ハムまたはベーコン 又は 辛口ソーセージ
  • トースト(バター・ジャム添え)
  • コーヒーまたは紅茶

 

 

ランチメニュー

 

季節のスペシャルランチ  3,960円

  • 野菜のクリームスープ
  • 季節の肉料理または虹鱒のソテー金谷風
  • サラダ
  • アイスクリーム
  • コーヒーまたは紅茶
  • パン

 

大正コロケットランチ  3,740円

  • コンソメスープ
  • 若鶏と蟹入りベシャメルコロッケトマトソース
  • サラダ
  • アイスクリーム
  • コーヒーまたは紅茶
  • パン

 

百年ライスカレーランチ  4,290円

  • 栃木県特産のアンサンブル  サラダ仕立て
  • 百年ライスカレー  低温調理の牛肉を添えて
  • 本日のデザート
  • コーヒーまたは紅茶

 

金谷ホテル150周年記念ランチ  8,800円

  • 本日の一口オードブル
  • 清滝養鱒場「プレミアムヤシオマス」の軽い燻製と「神の海老」のキャビア乗せ「日光ゆば」&生ハムのマリネ 彩野菜のピクルスを添えて
  • 伝統仕立てコンソメスープ ロワイヤルを浮かべて
  • 金谷ホテル看板料理から~日光虹鱒のソテー  金谷風
  • 「とちぎ霧降高原牛」フィレ肉のステーキペリグーソース 農園野菜のローストを添えて
  • キルシュ風味のクレーム・ブリュレ 濃厚アイスクリーム乗せ

~明治時代のレシピ「プディング・ド・金谷」を再構築して

  • コーヒーまたは紅茶
  • 小菓子
  • パン

 

など。ほかに「日光の社寺世界遺産登録20周年記念ランチ」や「グルメランチ」がありました。

 

 

軽食メニュー

  • 百年ライスカレー  2,420円

(ビーフ、チキン、鴨)

  • 霧降高原豚カツサンド  2,100円
  • 和牛ハンバーグ  3,000円

(ミニサラダ・ポテトフライ・ライス添え)

  • 追加:本日のポタージュ500円

 

ちなみにディナーコースは、12,100円~いつか宿泊したときのお楽しみにとっておきます。

 

※写真のメニューや価格は2021年5月の情報です。ご参考としてご活用下さいませ。詳細は公式サイトなどでご確認ください。

 

百年ライスカレーと季節のランチコース

 

「百年ライスカレーランチ」を注文しました。

 

 

「栃木県特産のアンサンブル  サラダ仕立て」

 

お皿やカトラリーにも金谷ホテルのシンボルマーク「ササリンドウ」が施されています。

 

 

 

地場野菜やサーモン、湯葉などサラダ風の前菜です。

 

百年カレーランチ

 

「百年ライスカレー  低温調理の牛肉を添えて」

 

金谷ホテルの蔵の中から発見された大正時代のカレーレシピを再現した「百年カレー」。ココナッツミルクの風味がマイルドでやさしい甘さのカレーです。

 

 

 

大きめなひと口サイズの牛肉が4枚も!とてもやわらかでした。

 

 

付け合わせの漬け物は、日光ならではの”ろばた漬け”。

 

 

「本日のデザートと紅茶」

 

バニラアイスの上のモナカには、日光の美しい橋「神橋」が描かれています。

 

 

本日のデザートは、バニラアイスクリームとキウイ、イチゴなど季節の果物。

 

 

こちらから、友人注文の「季節のスペシャルランチ」

 

 

「野菜のクリームスープとパン」

 

この日のパンは「ぶどう入りのパン」と「フレンチコッペ」でした。パンはお替わりできます。

 

 

「サラダ」

 

 

「季節の肉料理」

 

付け合わせの白い丸い野菜はナスのような、ごぼうを柔らかく煮たような?いったい何だろう?ホテルの方に尋ねると「ウド」とのことでした。

 

ありがとうございます。これもひとつのよき思い出になりました。

 

 

デザートは「抹茶のアイスクリーム」

 

 

ときおり、窓の外を眺めつつ。ゆったりとした時間を過ごしました。

 

素敵な建物と素晴らしいおもてなし。いつか宿泊してみたいです。ごちそうさまでした。

 

\ほか記事もぜひ!/

 

日光金谷ホテルの店舗情報

関連ランキング:旅館 | 東武日光駅日光駅

 

※こちらの記事の内容は2021年5月に来店したときのものです。ご参考としてご活用下さいませ。最新の情報や詳細は公式サイトなどでご確認ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリック頂けますと励みになります!
にほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ
あわせて読みたい