柏『わたらい いちご園』週末はいちご狩りへ

この記事は約 3 分で読めます

こんにちは、ゆろぽんです。

 

柏市内のイチゴ園『渡会(わたらい)いちご園』へ。念願のいちご狩りに行ってきました。

 

※直売所の写真と地図を追加しました。(2019.1.6)

 

わたらいいちご園

 

上の写真が渡会いちご園の直売所です。自販機が並んでいるとなりにあります。

 

こちらの農園の場所がわかりにくいのでまずは渡会いちご園の直売所へ行き「いちご狩り」をしたいと申し出ると車で案内してもらえます。

 

畑が広がる道路を走ること数分、畑の真ん中にビニールハウスがあります。

 

 

柏市内にはフルーツ狩りのできる場所が結構あるのです。実は柏市は東葛地域最大のいちごの産地ってご存知でしたか?って柏市のホームページに書いてありました。(柏市のHPから市内いちごマップのPDFがダウンロードできます)

 

あわせて読みたい

 

この記事を書きながら調べていて知ったのですが「とちおとめ」「やよい姫」「かおりの」「紅ほっぺ」などなど。園によって育てている品種が違うのでいろいろと食べ比べてみても楽しいですね。

 

柏に越してきて早3年。春になったらいちご狩りに行きたいなあっと常々思っていたのです。地元にいながらにして、観光気分を味わえます。

 

 

 

わたらい いちご園のいちご狩り料金

 

 

「いちご狩り」の料金は子ども1,500円、大人1,700円から。時期により変わります。こちらで受付をしてお金を支払い、ミルクをひとつ受け取ります。30分食べ放題は短いのか長いのか?

 

いちご狩り注意事項

 

 

ハウスの前にある注意書きです。ちゃんと読みましょう。摘んだいちごの持ち帰りは禁止です。ハイヒールでの入園はできませんなどなど。

 

ハウスの中の地面は、黒いビニールで覆われているので靴底で穴を開けてしまいます。それに地面がやわらかいところもあるのでスニーカーなどがいいと思いますよ。

 

いざ、ハウスの中へ

 

渡会いちご園

 

渡会いちご園

 

こちらの品種は“かおりの”。見てください!この真っ赤に完熟した甘〜いあまいいちごたち。いくつでも食べられちゃいます。

 

渡会いちご園

 

通路の右側と左側では、少し温度差があるんです。陽が当たる場所は土も暖かいのでいちごもあたたかめ。逆に反対側のいちごはひんやり。

 

大粒も小粒も硬さや熟し方で味が少しづつ違います。そのままでもミルクをつけても飽きずにいくらでも食べられちゃいます。

 

渡会いちご園

 

大きいっ~~!!

 

渡会いちご園

 

ミルク入れ横に、つまんだいちごのヘタを入れます。

 

渡会いちご園チラシ

※こちらのチラシは2018年のものです。

 

わたらいいちご園の案内チラシです。「いちご狩り」は時期により料金が変わります。2月初旬がいちばん美味しいのでしょうか?

 

来年はその時期を狙って行きたいです。最初は「1,500円!え〜っ高い〜」と思いましたが、楽しくて美味しくてパクパクいけちゃいますよ!

 

30分食べ放題、私にはちょうどいい時間でした。お値段以上!ごちそうさまです。

 

あわせて読みたい

 

あわせて読みたい

 

あわせて読みたい

 

店舗情報 Shop Information

  • 店名 渡会(わたらい)いちご園
    住所 いちご狩り:千葉県柏市布瀬2675付近

    直売所:千葉県柏市布瀬188-1

    交通手段 車で。わかりにくいので直売所で聞いてください。
    詳細 公式HP じゃらん予約
    営業時間 農園:2月上旬~5月中旬

    (土日は予約不要、平日は電話にて確認)

    直売所:1月上旬~3月中旬  10:00~15:00

    ※直売所はなくなり次第終了。日曜営業

    定休日 不定休
    品種 かおり野、やよい姫
    料金 30分(料金は季節によって変動します)

    ・2月上旬~2月下旬  大人 1,700円  子ども 1,500円

    ・3月1日~4月7日  大人 1,500円  子ども 1,300円

    ・4月8日~5月上旬  大人 1,100円  子ども 900円

    ・以降閉園まで  大人 800円  子ども 600円

    駐車場 あり(狭いスペースです)
    TEL&FAX 04-7191-9055
    その他 土耕・有機肥料栽培

 

わたらいいちご園  MAP

 

※こちらの記事の内容は、2018年3月に来店したときのものです。ご参考としてご活用下さいませ。最新の情報や詳細はお店HPなどでご確認ください。

あわせて読みたい
トラックバック
トラックバックURL