『きのう何食べた?正月スペシャル③』デミグラスソースのオムライス

この記事は約 9 分で読めます

2020年1月1日に放送された「きのう何食べた?お正月スペシャル」第3章に登場したレシピをまとめました。

 

こんにちは、ゆろぽんです。

 

第3章は、シロさんの仕事が忙しくて、すれ違いの日々が続いてケンジがとてもさみしそうでした。見ているこちらもせつなくなってしまったほどです。

 

シロさんのために料理を作り、ワイシャツにアイロンをかけ、せっせと尽くす乙女なケンジが愛おしくて仕方なかったです。

 

 

『きのう何食べた?お正月スペシャル』第3章

 

ケンジの献立て

  • デミグラスソースのオムライス
  • ほうれん草のおひたし
  • キャベツときゅうりとにんじんの浅漬け風

「きのう何食べた?」原作コミック7巻より

 

  • オムライスのつくり方

  • 材料(1人分)
    玉ねぎ
    1個
    鶏もも肉
    1枚
    ごはん
    2膳分
    ケチャップ
    大さじ5くらい適量
    塩、こしょう
    少々
    オリーブオイル
    大さじ1くらい
    たまご
    3個
    マヨネーズ
    大さじ1くらい
    牛乳
    大さじ2くらい
    バター
    1かけ
    デミグラスソース
    前日の残りなど。

 

つくり方

  1. 玉ねぎはみじん切りにする。
  2. 鶏もも肉も細かく切る。
  3. フライパンにオリーブオイルを熱し、鶏もも肉と玉ねぎを炒める。
  4. 肉に火が通ったら温かいごはんを入れる。
  5. ケチャップを入れ、さらに炒める。
  6. できあがったチキンライスを皿に盛る。
  7. たまごをボウルに割り入れ、マヨネーズ、牛乳、塩、こしょうを入れ、よく混ぜる。
  8. フライパンにバターを熱し、半熟オムレツを作りチキンライスの上に乗せる。
  9. デミグラスソースをかけてできあがり。

 

※デミグラスソースは前日にハヤシライスを作った残りなどで。なければケチャップや市販のものをかけてください。

 

  • ほうれん草のおひたしのつくり方

 

ここからはドラマの中でつくり方が紹介されていなかったので原作やクックパッドなどを参考にしています。味付けはお好みで調味料を加減してください。

 

  • 材料(2日分)
    ほうれん草
    1把
    しょうゆ
    大さじ1
    白だし
    大さじ1/2(1回分)
    大さじ1くらい(1回分)
    かつおぶし
    少々

 

つくり方

  1. 鍋に湯を沸かし、洗ったほうれん草を根元から入れゆでる。
  2. 冷水に取りザルにあげ軽く水けを切る、しょうゆをかけて絞る(しょうゆ洗い)。
  3. 3~4㎝長さに揃えて切る。
  4. ここで半分をタッパーに入れて保存しておく(明日食べる分)。
  5. いま食べる分は、器に盛り、白だしと水を合わせてまわしかけ、かつおぶしを乗せたらできあがり。

 

  • キャベツときゅうりとにんじんの浅漬け風

 

  • 材料
    キャベツ
    2~3枚
    きゅうり
    1/2本
    にんじん
    1/4本
    砂糖
    小さじ1くらい
    昆布茶
    小さじ1くらい
    小さじ1くらい
    少々

 

つくり方

  1. 野菜はうす切りにする。
  2. 塩を振り少しおいたら、軽く水気を絞る。
  3. 砂糖、昆布茶、酢、塩で和える。

 

 

\関連記事もぜひご覧ください!/

 

 

 

ふたりで歩く後ろ姿を見て、温かい気持ちになりました。また続編、スペシャル放送してください。

 

第3章》5月中旬のとある深夜。忙しい史朗に代わり料理や家事をしていた賢二だったが、レシートを計算すると1週間で予想以上に浪費したことが発覚し頭を抱える。史朗に怒られるのを恐れ、隠ぺいしようとするが、さすがに買い物を工夫しなければと反省した賢二は、倹約方法のリサーチを始める。すると三宅レイコ(奥貫薫)から、近所のスーパーのチラシが全部見られるという、チラシアプリに登録するといいとのアドバイスが。その甲斐もあって、賢二は次第に予算が抑えられるようになっていく。
しかし多忙を極める史朗とのすれ違い生活は、早くも3週間が経過していた。ひとりの食卓、食べてもらえない夕食の食器――やがて賢二は寂しさで押しつぶされそうになる。

 

  • OPテーマ「帰り道」 OAU (OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)

     


    EDテーマ「iをyou」 フレンズ

あわせて読みたい