ホットクックで栄養満点!無水の『キーマカレー』

この記事は約 9 分で読めます

無水のキーマカレー。夏野菜をたくさん使ってヘルシー、無水調理で栄養満点です。ヘルシオホットクック(KN-HT24B)で一番よく作る料理です。

 

 

こんにちは、ゆろぽんです。

 

ゆでたまごもホットクックでカンタン!15分で出来ちゃいます。たまごの上に振っているのは乾燥パセリ、もやしのナムルとキャロットラペを添えました。

 

 

ホットクックでゆで卵のつくり方

 

はじめに、けあわせのゆで卵を作っておきます。(お好みなのでなくてもいいのです)

 

 

ホットクックの内鍋に水100㏄と生たまご(10個まで作れます)。メニュー番号 3-9ゆで卵で約15分で出来上がります。

 

キーマカレーの材料とつくり方

 

カレーの材料

 

材料

ナス

3本

玉ねぎ

1個

エリンギ

1パック

パプリカ

大1個

合いびき肉

350g~400g

トマト缶

1缶

市販のカレールウ

1/2~3/4箱(今回はジャワカレーのキーマカレー)

 

ホットクック

 

つくり方

1 玉ねぎ、エリンギ、ナス、パプリカをざく切りにし、鍋に入れていきます。

 

ホットクック

 

2 トマト缶、ひき肉を入れ、スプーンでよくかき混ぜます。(写真には生のトマトも入っていますが余っていたのを入れてました)

 

ホットクック

 

3 混ぜ技ユニットを付けて、メニュー番号 1-3キーマカレーでスイッチオン。約20分とありますが、具材が多いともう少しかかります。ホットクックの方で判断して延長しているようです。頼りになります。

 

キーマカレー

 


 

4 ピピーッと鳴ったら市販のカレールウを1/2箱ほど入れ、あればお好みのスパイスなども入れてよくかき混ぜます。

 

ホットクック付属のレシピ本では、ルウを先に入れていますが、後から入れた方が鍋が焦げつきません。野菜から出る水の量をみながら、お好みでルウを加減してください。

 

ズッキーニやしめじ、水煮大豆などをいれても美味しいですよ。ひき肉は合い挽き肉よりも牛ひき肉多めの割合にした方がヘルシーです。

 

今回はおいしくて溶けやすい「ハウス ジャワカレーのキーマカレー 中辛」を使いましたが、お好みのものを使用してください。

 

そうそう!ホットクックを購入したら、もうひとつ内鍋があると超便利ですよ!カレーを作ったときは特に重宝しています。

 


 

ご自宅のホットクックのサイズを必ず確認してお買い求めくださいね。

 

わが家のホットクックは、購入してからほぼ毎日活躍中です。1.6Lの2~3人家族向けのサイズもあります。

 


人気の無線LAN機能付きの機種、メニューの検索が簡単でスマートフォンとも連携できます。次はこれを使ってみたいです。

 


 

これまでに作ったホットクックのレシピ

 

※こちらの記事の内容はご参考としてご活用下さいませ。ホットクックについての詳細や使い方は、公式HPなどでご確認ください。

あわせて読みたい