あさイチの『しっとり鶏むね肉』レシピをホットクックで作ってみました

この記事は約 9 分で読めます

2018年4/24放送のあさイチで特集していた「なんとなく、だるい」を解消!疲れない生活に!」で放送された鶏むねレシピをホットクックで作ってみました。

 

※ホットクックはKN-HT24Bを使用しています。

 

こんにちは、ゆろぽんです。

 

以前にニトリの耐熱容器とレンジで作る記事も書いています。

 

このつくり方ならお鍋を洗う手間はありませんが、お肉を返したりちゃんと中まで火が通っているのか調べなければならず、そのあたりがデメリットでした。

 

ホットクックには、もともとレシピのゆでるに”鶏むね肉”が掲載されています。作り方といってもその名の通りほおっておけばいいのでとっても簡単ですよ。

 

 

しっとり鶏むね肉のレシピ

作りやすい分量

鶏むね肉
  • 2枚
  • 大さじ3
オリーブオイル
適量
塩、こしょう
少々

 

つくり方

  1. 鶏むね肉にフォークで穴をあける。
  2. 塩、コショウを振り、酒大さじ3を入れ両面によく含ませます。※1
  3. ホットクックの鍋に鶏むね肉を入れる。
  4. オリーブ油を入れ肉の両面にまんべんなく塗ります。※2

※1.酒は保水力を高め、パサパサ感をなくす効果があるそうです

※2.オリーブオイルは鶏肉に油膜を作り、水分の流出を防ぐとのことです

 

あさイチのつくり方は、鶏むね肉を均一の厚さに伸ばして耐熱皿に入れ、ラップをふわりとかけてレンジで火を通すやり方でした。ホットクックならもっと簡単にできちゃいます。

 

あさイチ しっとり鶏むね肉

 

①~③ホットクックの鍋に入れます。ホットクックの茹でるコースで25分でできあがり!

 

 

自動ゆでる(無水) 3-6 でスイッチオン。

 

 

約25分でゆであがります。

 

あさイチ しっとり鶏むね肉

 

ピピーっと鳴ったら出来上がり♪

 

 

ニトリのガラス耐熱容器(小サイズ)にちょうど1枚づつ入ります。

 

 

菌の増殖を防ぐためにも、アツアツのうちに料理バサミで食べやすい大きさ、4等分くらいに切り分けておきます。ちょうどひとり分のサラダくらいの量です。

 

粗熱が取れたらフタをして冷蔵庫へ。食べるときにカットしたり、手でさいてサラダなどで食べます。

 

料理によって、ハサミで切らずに包丁で薄切りにして、野菜の上に置きドレッシングをかけたり。ごはんの上に乗せてカオマンガイにしたり、お好みでアレンジしてみてくださいね。

 

 

 

鶏むね肉を使ったレシピ例

 

  • よだれ鶏
  • バンバンジー
  • 冷やし中華
  • ねぎ塩ダレ
  • 梅マヨ和え
  • カオマンガイ

 

などなど。いろいろお試しあれ。

 

 


「疲れに効く!やわらか鶏むね肉の食べ方」

 

 

「いつも買う鶏むね・豚こまで! おいしい糖質オフ」

 

ゆろぽん
ゆろぽん
  アレンジいろいろ、こちらのレシピ本も参考にしてみてください!

 

わが家のホットクックは、購入してからほぼ毎日活躍中です。

 


人気の無線LAN機能付きの機種、メニューの検索が簡単でスマートフォンとも連携できます。次はこれを使ってみたいです。

 

 

 

これまでに作ったホットクックのレシピ

 

 

※こちらの記事の内容はご参考としてご活用下さいませ。ホットクックについての詳細や使い方は、公式HPなどでご確認ください。

あわせて読みたい